与えるとよい野菜

Pocket

キャットフードの成分を見て、野菜があまり含まれていないようであれば少量の野菜をキャットフードに混ぜて与えるとよいでしょう。猫に与えるとよい野菜としてはキャベツ、ブロッコリー、カボチャ、サツマイモなどが一般的です。それに加えて、レタス、白菜、大根、さやいんげんを与えるのもよいでしょう。以下、それぞれの野菜の効果についてお話します。

キャベツには抗潰瘍性ビタミンと呼ばれるビタミンUが含まれ、胃潰瘍を予防する効果が期待できます。ビタミンUは熱に弱いので、できるだけ生がおすすめ。また、ブロッコリーとカボチャにはビタミン・ミネラルがバランスよく含まれ、免疫力を高めてくれます。抗酸化作用も期待できます。さらに、サツマイモは食物繊維が豊富なので便秘予防に効果的。

猫に野菜を与えるときは、胃に負担がかからないように細かく刻み、火を通して柔らかくしてキャットフードにトッピングしてあげましょう。猫の体質や大きさにもよりますが、目安は1回に大さじ1杯くらいの量がちょうどいいでしょう。あまりたくさん与えると、消化不良を引き起こしてしまいます。また、野菜に含まれるカリウムは、余分な塩分の排出を助けてくれるのでよいのですが、与え過ぎると、必要なミネラルまで奪われてしまうのでよくありません。何ごとも適量が大事です。